ワクワクメールで出会った中国人留学生と即日ホテルINした体験談

ワクワクメールで出会った珍しい体験談です。

コミュニケーション能力の向上と性欲の解消の両方ができる出会い系

私は30代の男性、中小企業の会社員。女性に対して奥手で、話すのが苦手なタイプです。

会社やプライベートでも女性を相手にすると、どうしてもどもったり挙動不審になりがちでした。

しかしそんな私ですが、女性に対して興味がないわけではありません。むしろ、性欲は強いほうで女性は大好きだと思っています。

私が出会い系サイトのを利用しようと思ったのは、女性に対しての免疫力を鍛えるため、そして性欲を満たすためでした。

会社の女性社員や女性の友人と話す時など、話題をうまく振れなかったりどもりがちだったりしていたのです。30代だというのに、コミュニケーション力がこれではいかんですよね。

出会い系サイトで見知らぬ女性と会ってエッチする、というのは、気持ち良いいこともさることながら、己の苦手とする部分を鍛えるのに実に有効でした。

始めて1年近く経ちますが、実際に何人かに会ってエッチして性欲は満たされますし、見知らぬ女性と話す経験により、会社やプライベートでも女性と話すのがだいぶ楽になりました。

普通の人妻なんかとも出会って不倫のセフレ関係になったこともあります。調べてみると、出会い系に人妻は意外と多いみたいです。参考記事→熟女出会い系マニュアル

そんな出会い系サイトというものにも慣れてきた頃、私は一人の女性と出会いました。今回はそのときの特に記憶に残っている出会い体験談です。

掲示板ですぐ会いたいという女性にメールを送り会ってみると…

提示版で今日の相手を探していると、「あいたいな」という書き込みを発見。

詳しく見てみると、写真は顔だけは隠していましたが、綺麗系で体つきも良く、とても魅力的でした。場所は近くの街のようです。

体つきや顔がわかる写真付きの女性は競争率が激しいので、これはすぐに男が飛びつくと思い、私もすぐにメールを送りました。

5分待ってメールが返ってこない時は、基本諦めて次を探します。競争率が激しいのでスルーされることもよくあるからです。

しかし、3分ほどでメールを送った女性から返信がありました。

「はじめまして!だいじょうぶ。1じかんごでどう?」

ほぼひらがなでしたが、この時は変換が面倒なのかなと思いつつもさほど気には留めていませんでした。

私は近くの街に住んでいると最初のメールで伝えていたので、そこからの移動時間を想定して待ち合わせ時間まで提示してくれたようです。

数メールでサクサクと会うとこに決まったので、私はすぐに車を出して向かいました。

待ち合わせ場所に到着すると、まだ女性は来ていないようでした。着きましたと送ると、即返答が。

「どれのくるまですか?」

ん?なんか日本語がおかしいな。急いでいるからかな。

ちょっとした違和感に疑問を抱きつつも女性を待っていると、教えてもらった服装をした女性が現れました。

目が合うとこちらに小走りしてきたので間違いないようでした。

「ハジメマシテ。ヨロシクオネガイシマス」

やってきた女性は中国人でした。

ほぼ日本人と同じような顔立ちをしています。綺麗で、良い体つきをしていました。

年齢も見た限りではプロフの通り20代前半といった感じでした。

「ビックリシマシタカ?チュウゴクジンダメデスカ?」

彼女は少し困ったような顔をしていましたが、私としてはそんなことありませんでした。

イントネーションは少し変わってましたが、コミュニケーションは取れるので全く問題ありませんでした。

私は笑顔でそんなことはないよと言いました。

中国人の彼女と即ホテルへ、

聞けば、彼女は仕事で日本に来ているとのこと。

出会い系サイトについては、留学で日本に来ていた頃に知ったとのことでした。

友人となってくれた女性がやっていたらしく、登録の方法や目的に合った出会い方などを教えてもらったらしいです。

掲示板に書き込んでからすごい量のメールが来たそうですが、会う男性に関しては直感で私を選んだとのことでした。

なんとなく場慣れ感があったのですが、実際は怖くて会ったことがなかったらしく、今回が初めてとのこと。

日本に来てからは彼氏はいなく、男友達もほとんどいないらしくて寂しさもあり、今回勇気を出して来たとのことでした。

「コミュニケーション、ムズカシイデスネー」

私も、公私ともに同じような気持ちを持っていたので、思わず苦笑してしまいました。

車の中で軽くそんな話をしていたら、すぐに近場のホテルの到着しました。

部屋に入ると、彼女は部屋を見渡した後、すぐにシャワーを浴びに。

私はとりあえず部屋内を物色して飲み物を準備し、大人のおもちゃの販売機を眺めていました。TVはもちろんAVを流してます。

「デマシタヨー」

彼女がタオル一枚で私に声をかけてきます。

胸もけっこうな盛り上がりが良い感じで、美しい肢体でした。

恥ずかし気にする彼女からは緊張も見てとれました。その姿が妙にそそり、下半身が疼きます。

私もそそくさとシャワーを浴びて、彼女が座っているソファの横に腰を下ろしました。

取り留めない話をしつつ、彼女の体を触っていきます。滑らかな肌がとても触り心地良くて、触っているだけで気持ちが良かったです。

辛抱もたまらん状態になったので、私はそのままソファに押し倒しました。

彼女の体を愛撫し、タオルを剥ぎ取って乳首や首筋に舌を這わせると、彼女が気持ち良さげに声を漏らします。

彼女の秘部を触るとすでに濡れていました。優しく指を挿入して中をいじってあげると、彼女は身もだえながら私に抱き着いてきました。

「モット、モット」

期待に応えて指の出し入れを激しくしつつ彼女にディープキス。ねっとりと彼女の舌が私の舌と絡み合いました。

そろそろ私も気持ち良くしてもらおうとフェラをねだってみると、彼女は恥ずかし気に私の下半身へ顔を近づけました。

どうやらフェラはあまりしないタイプのようで、フェラに関してだけはあまり上手くはありませんでしたね。

その後はソファでそのまま1回戦をしました。彼女の中は締まりが良くて私はすぐにイキそうになりました。

しかしながら少しでも長く快楽を味わっていたかったので、我慢して、彼女の体を楽しみました。

2度ほど体位を変えてフィニッシュ。

二回戦目を楽しみ、セフレ関係に

彼女も気持ち良かったようで、上気した顔を私に向けながら抱き着いてきました。

気づけば彼女はだいぶソファを濡らしました。まぁソファは革だったので掃除は楽で助かりましたね。

「モウイッカイ、シマセンカ」

彼女はよっぽど気持ち良くなってくれたようで、彼女のほうからもう1回をお願いされました。

私もまだ余裕があったので、今度はベッドでもう1回体を重ねました。

事が済んで、気持ち良かったよと言いながら彼女の頬にキスをしました。

「ジャ、マタアッテクレマスカ」

彼女としても今回会った人が私で良かったと思ってくれていたようです。私としてもまた会いたかったので、いいよと言いました。

その後は、彼女が帰国するまで、月に2回ほどのペースで会っていました。

彼女は日本人とのコミュニケーション、私は女性とのコミュニケーションの良い練習にもなり、彼女と会ったのは良い出会いだなと思いました。

ワクワクメールで出会った21歳の巨乳ギャルと即ホテルへ行った体験談

私は22歳で出会い系サイトを利用しましたが、すぐに女性と知り合うことができました。

その時利用したサイトはワクワクメールで、若い人が多く利用しているサイトです。

私が彼女と別れた時に、友達に誘われてやってみたことがきっかけでした。

ワクワクメールで近所の女子と速攻アポを取る

友達に付き合ってやってみたという感じでしたが、簡単にメールでのやり取りができるので、やっているうちに楽しくなってきました。

メールのやり取りをするにはポイントが必要でしたが、あまりお金も無かったので、1000円分だけ購入して気に入った人とやり取りをするようになりました。

メールのやり取りは10回程度しかやっていませんでしたが、できだけ近くで会える子を探していました。

その時はサイト自体を信用していなかったですし、会うと言っても本当に会えるのかも不安だったので、早く本当に会えるかどうかを確かめたかった思いが強かったです。

その後数回はメールのやり取りをしましたが、挨拶程度しかやり取りをしないで、会って話をしようと誘ってみました。

当然相手はメールのやり取りを数回しかやっていなかったので、不安がっていました。私も相手が近くという所だけを見て決めていたので、会えるとは思っていません。

とりあえずお互い休みの前の日の夜に、仕事終わりで会う約束をしました。近くに住んでいるので、待ち合わせ場所もすぐに決めることができました。

その子とはメールをしてから会うその日まで、15回程度のメールのやり取りだけで会う約束までこぎ着けました。

相手はギャル系の21歳巨乳女子!居酒屋やカラオケを楽しむ

待ち合わせ場所で待っていると、写真と似ている女性が声を掛けてきました。

イメージとは少し違っていましたが、可愛くて露出が多めの若いギャル風の子でした。

彼女の年齢は21歳で、アルバイトをして働いているようです。

写真で顔しか見ていなかったのですが、身長は小さいのに胸はEカップくらいはありそうな大きな胸だったので、すぐに目がいってしまいます。

話をしてみるとギャル風のイメージとは違って、おっとりとしたタイプの優しい女の子という感じでした。

見た目とは違っておっとりしたタイプなようです。

お互い仕事終わりなのでそのまま飲みに行くことにしました。

次に日は休みなのでとりあえず楽しもうという事になり、居酒屋とカラオケに行くことにしました。

居酒屋ではお互いが改めて自己紹介をし、良くいく場所や趣味などを聞いたりしました。

話をしていくうちにメールや電話番号を聞いたり、お互いの家の場所を教える流れになったのです。

お互いの家は歩いて20分くらいの場所にあるので、会おうと思えばいつでも会える距離です。

しかも利用している電車なども、同じくらいの時間を使っているので、どこかですれ違っているという話で盛り上がりました。

また行く場所やお店も知っている所ばかりなので、すぐに意気投合することができたのです。

その後はお酒も入りながらカラオケに行き、ノリノリで歌っていました。

その場所はタワーになっていて、カラオケやビリヤードなどいろいろ楽しめる施設になっています。

一緒にダーツをしたり、ゲームセンターで遊んだりしていると、何だかカップルのように思えてきました。

その後はカラオケに行きましたが、私もカラオケが好きですが、彼女は歌がとても上手かったので、リクエストして何曲も歌ってもらいました。

結局カラオケには3時間いましたが、歌った後は時間も遅くなってきたので、帰ろうという話をしました。

彼女は実家だったのであまり遅くなっても悪いですし、タクシーで送っていくと伝えました。

すると一人でいると寂しいからサイトを利用していたなど、彼女が酔った勢いもあっていろいろと話をしてくれました。

私も彼女にフラれたことがきっかけでサイトを利用したことを伝えると、お互い寂しい同士だから今日くらいは一緒にいようという流れになったのです。

それから彼女は家に電話をして、友達の家に泊まると連絡をする流れになりました。

近所にはホテルが無い場所だったので、自然な流れで私の家に行くことになりました。

ホテルでイチャイチャを楽しみ、セフレのような関係に

お酒や食べ物を買ってから家に着くと、まるで恋人のようにイチャイチャしながらお風呂に入り、2人だけの世界に入りました。

当然お風呂の中で関係を持ち、ベッドに行ってからも続きをするなど、普通のカップルのように楽しんだのです。

お互い次の日が休みだったので、このまま部屋にいてイチャついていようという流れになり、結局次の日の夜までずっと部屋で楽しんでいました。

私は久しぶりに女性と関係を持ちましたし、彼女も同じだったようなので、2人とも普段より燃え上がったんだと思います。

しかも共通点が多かったので、初対面でしたが昔から知っている人のような安心感がありました。

もちろんその後も連絡を取り合う関係になっていますが、恋人というよりはセフレに近い存在かもしれません。

デートをしたりどこかに行くというよりは、家で2人だけで楽しむことだけをしている事が多いです。私は彼女の事が好きなので、いづれは付き合うかもしれませんが、まだ体の関係のまま続いています。

ワクワクメールで仙台に住むノリのいい女性と即日エッチ。楽しいセフレが出来ました。

最高だった出会い系の体験談をお話します。

ワクワクメールならひと月に数人の女性と出会うことは余裕

利用した出会い系サイトは「ワクワクメール」です。

彼女はそこで、私と同じように異性を漁っていました。

彼女は宮城県仙台市近郊に住む、ある飲食店のパート従業員のメグさん。

年齢は26歳で、控え目な茶髪のポニーテールに目が大きな可愛らしい女性です。

私はというと、仙台市在住、30代も後半に差し掛かってきたサラリーマン。独身で今は彼女もいません。

私が数多ある出会い系サイトで「ワクワクメール」を好んで利用しているにはわけがあります。

出会い系サイトの「ワクワクメール」は多くの会員数を抱えてます。

会員数が多いということは、それだけ出会えるチャンスがあり、尚且つ私が住んでいる地域にも会員が多数存在するため、ちょっとした時間にも会いやすいからですね。利用値段もリーズナブルで使い勝手がいいため、使いやすいです。

利用しだしてから1年ほどですが、今回会った女性を入れて、今まで7人の女性と出会うことができました。

もっと積極的に利用するのであれば、ひと月に数人とかは余裕で会えると思います。

アダルト掲示板でダイレクトにエッチ相手を探し、即マッチング

さて、今回メグさんと会うきっかけになったのは、私が掲示板に遊んでくれる女性を募集したことから始まります。

すごく身体が飢えていましてね、アダルト向けの掲示板を利用しました。単刀直入にエッチすることを前提で書き込みました。

まぁさすがにダイレクトな物言いで失敗したかなとは思ったのですが、30分も経たない内に3人の女性から連絡がありました。

ひょっとしたら1件も連絡がないかなとも思っていただけに、嬉しかったですね。さすがは出会い系サイトだと思いましたよ。

その3人の中で、写真とプロフィールを見て一番私好みだったのがメグさんでした。私はメグさんに即返信をして、今日これから会えないかを訪ねてみました。

「あ、いいですよー。今すぐは無理なんで2時間後くらいでどうですか?」

おお、返信がめちゃ早くてびっくりしましたね。

それからはサクサクと話が決まり、我々は仙台市近郊の大型ショッピングモールで会うことにしました。

下ネタにも食いついてくる楽しくて可愛い彼女と居酒屋で飲む

先に着いたので彼女を待っていると、辺りをキョロキョロしているそれっぽい女性を見つけました。

ポニーテールに白いダウンジャケット。タイトなスカートの下にすらりと伸びた脚。背は155センチほどで小柄で可愛らしい女性。

間違いなく彼女だと思った私は、緊張しつつ声をかけました。

「あ、どうも、はじめましてー!」

そんな快活な返事が返ってきました。うん、明るく尚且つ可愛かったので、私としては非常に嬉しかったですね。

たまに写真が詐欺の人がいるので、実際会ってみるまでは油断できないですからね。

「じゃ、とりあえず飲みに行きますか」

彼女も私の実際の容姿や性格を瞬時に読み取ったようで、彼女の笑顔を見る限りでは、彼女から見て私は合格点のようでした。

ここでドタキャンとかされると割とショックを受けてたところですが、大丈夫のようで良かったです。

さて、お互い改めて自己紹介をしつつ、とりあえずは近くの居酒屋へ向かいました。

個室がちょうど空いていたので、迷わず個室を選択して中へ入って、二人の出会いを祝って乾杯しました。

彼女、飲ませてみるとなかなか面白い子でしてね。下ネタにもグイグイ食いついてきてくれて楽しい女性でした。

彼女と話すのが楽しくて、今後も飲み友達になってくれるのなら、このまま飲んで終わるのもいいかなと思ったほどです。

しかし初志貫徹ということで、タイミングをみて彼女をホテルに誘ってみました。

「うーん、来ちゃったのはいいけどどうしよっかなぁ。うーん、朝までに帰れるなら行ってもいいかな」

少し悩んだようですが、彼女はあっさり折れてホテルへ行くことになりました。

まぁアダルトな募集をかけてそれに乗ったから彼女もここにいるわけで、ここでお互い帰るつもりはなかったんですけどね。

二人とも駆け引きめいた茶番をちょっと演じて、それを楽しんでみた感じです。

即ホテルへ。ノリの良い彼女とセックスを楽しむ

そんなわけで早速居酒屋を出て近くのホテルへ。

「わぁいいところですねぇ!」

部屋へ着くなり上着を脱いだ彼女は、そのままベッドの上にダイブしてゴロゴロ転がってました。そんな姿が、なんかちょっと可愛かったです。

ちょうど彼女もベッドへ行ったことだし、私も服を脱ぎながらベッドで転がっている彼女を強引に捕まえてギュッとしました。

「あん、シャワー浴びよ?」

彼女を捕まえてギュッとした際の彼女の匂いと柔らかさを体感した私は、もう下半身がギュンギュンでした。

キスをしながらあっという間に彼女の服を脱がせていきました。

「あはははは、すごい手慣れてるー!」

あっという間にスッポンポンにしましたからね。

どうやら私の脱がせテクは匠の域のようで、あまりの手際の良さに大ウケされちゃいました。

ウケてる彼女の唇を奪って舌を絡めつつ、私は彼女の程よい形と弾力の乳房をモミモミしていきました。

揉んでる内に勃ってきた突起物を指でコリコリしつつ、舌を使って首や耳なども責めていきました。

「あん、下もやってぇ。もうぐっちょりしてる」

彼女は自分の股間を触って、すでに濡れていることを伝えてきました。

それじゃあ私も本腰入れて責めていきますかね。

グチュグチュと卑猥な音を立てさせながら、彼女の股間に指を出し入れ。

私も辛抱出来なくなり、彼女の奥深くへとゆっくり挿入していきました。

素晴らしいフィット感に、私と彼女の身体の相性は間違いなくいいなと思いつつ、私は彼女を突いていきました。

「いい!もっといっぱいお願い!」

彼女に乞われるままに私は腰の動きを更に早めて、思い切り彼女を堪能しました。

「はぁはぁ、気持ち良かったぁ。あはは、すごいね、まだ勃ってるよ」

イッた後もまだ衰えを見せない私の股間に、彼女はまたウケていました。なんというか、ノリが良くて彼女とのエッチは楽しいですね。

その後、もう1回エッチしてその日はホテルを出ることにしました。

セフレ化へ。ワクワクメール最高です

「良かったらまたあなたと会いたいな。良かったらというか、是非?」

どうやら私は彼女に気に入られたようでした。

彼女とのエッチは楽しく、私もまた会いたいと思っていたので、連絡先を交換させてもらいました。

楽しいセフレが出来たので、月に2,3回は彼女と遊びたいと思います。

ワクワクメール、最高です。

ワクワクメールで出会った同業者の女の子を即日ゲットし、そのままセフレ化に成功した体験談

ワクワクメールで出会い、セフレ関係となった女の子との実体験話です。

ワクワクメールを使って女の子を探す

私は27歳の男で、出会い系サイト「ワクワクメール」をよく使っています。

他にも出会い系サイトは数多くありますが、よく広告などで目にしていたワクワクメールを最初に使い、そのまま利用しています。

初心者でも使いやすく、目的別にカテゴリーが別れているので、自分と同じ目的をもった相手を効率よく探すことができます。

利用している女性は20~30代が多いと思います。自分のプロフィールをしっかり作ることが、会うためには必須だと思います。

料金ですが、他の出会い系サイトを使ったことがないので、比較は難しいですが、低料金で利用できると感じています。

月に1度ランダムで配布される無料ポイントもあるので、初心者の方にはお勧めです。

私は当初、真面目な恋愛を出来る女性を探していました。もちろん男なので、アダルトな展開も考えてはいましたが。

なるべく同世代の方と知り合いたいと考えていたので、相手の年齢には注意しました。

同時に複数の方のアプローチするのはお金もかかるので、1人ずつ連絡をしてみました。

ワクワクメールには日記にコメントできる機能もあり、この機能は無料で利用できるので、結構活用しました。

他にも「スマイル」という機能もあり、ポイントを消費せず出来るので、いきなりメールを送るのは苦手という方などにお勧めですし、相手にも通知が届くので良い機能だと思います。

私はメールの返信が来れば、そのまま数週間サイト内で連絡を取るようにしています。

いきなり「LINE交換しましょう」と言っても相手に警戒される場合もあると考えての事です。

最初は相手のプロフィールをよく見て趣味などを把握し、それを話の話題にします。

同業者の女の子とスムーズに出会う流れに

そんなある日、同じ飲食業界で働く物同士で話が盛り上がった25歳の子がいました。

サイト内で3週間くらい(毎日ではありません)連絡を取ってから、「もっと仲良くなりたいし遊びにも行きたいから」と言ってLINEの交換を持ちかけました。

ある程度警戒心も解けていたのか、1発でOK。その後は連絡の頻度を増してLINEで連絡を取るようになりました。

お互い不定休だった為、休みの日に会うという事が日程上すぐ実現できそうもなかったので、仕事終わりに会う約束をしました。

LINEでの連絡になってすぐ「会いたい」と私から言っていたのですが、相手も嫌がるそぶりを見せることなく話が進みました。

LINEでの連絡を取り始めて1か月くらい経った頃に、お互いのシフトが重なり会うことに。

サイト内で知り合った時から起算すると2か月は経過していたでしょうか。

お互い仕事終わりに合流し次の日はお互いが休日になっていた為、ご飯を食べその後ドライブでもしようという予定を立てました。

彼女が通勤で使用する駅が待ち合わせ場所となり、私が車で迎えに行き、女の子を待っていました。

食事からの夜景ドライブ、そして夜の公園へ

サイト内での女の子のプロフィールには、「スタイル普通」「髪型はショート」と書かれていました。

サイト内でお互い写メは載せていませんでしたが、LINEで交換していたので、顔は分かっていました。

「仕事終わりなのでお洒落な格好ではないですよ(笑)」と言っていた通り、デニムにジャケットというラフな格好で登場した彼女。

プロフィールに書いていた通り、スタイルは普通、髪型は私好みのショートヘア。

大人しそうな感じの子でしたが、元気もあって言葉遣いも丁寧な良い子でした。

車で食事に向かい、車内では昨日までしていた話の続きや、今日仕事中にあったことなどを話しました。

最初なのでお互い気を使わないようにと、食事は近くのファミレスへ。

お互い翌日は休日だし一人暮らしなので、お持ち帰りもあるかなーとこの時から考えていました。

食事後、夜景が見たいという女の子のリクエストに応え、夜景を見に行くことに。

ドライブ中から私はその後の事を考えていました。

帰ろうという事を考えさせないように話を振り続け、彼女も楽しんでくれているようで、仕事の愚痴なんかも聞きながら、話は盛り上がりました。

サイト内のプロフィールにて趣味はフットサルとお互い書いていたので、その話でもかなり盛り上がりましたね。

いきなりホテルに行こうよと言っても可能性は低いと思ったので、楽しいしもっと一緒に居たいと思わせるように考えていました。

夜景が見える公園に着き、2人で少し散歩をすることに。

ホテルへ持ち帰ることに成功。そのままセフレ関係に

時間的にここでお持ち帰りをするために誘うしかないと私は考えていました。

「会ったばかりだけどすごく楽しいし、もっと話していたいから今日泊まっていかないか」と直球で誘いました。

一瞬彼女が迷ったようにも見えましたが、「特別ね(笑)」と笑いながらOKしてくれました。

そのまま2人でホテルに行き、一夜を共に過ごすことになりました。

会ったばかりとはいえ、独身の男女がホテルに行けば、アダルトな展開も当然ありました。

プロフィールには「スタイル普通」とありましたが、服を脱いだ彼女は少し痩せ型で肌の綺麗な子でした。

お互い久しぶりのHだったので、何度もしました。彼女もあまり抵抗がないようで、積極的でした。

その後も彼女とは何度も会い、食事をするだけの時もあるし、恋人のようにデートをするときもあります。もちろんHするために会う時もあります。

どちらかと言うと、セフレのような関係に今はなっています。