ワクワクメールで仙台に住むノリのいい女性と即日エッチ。楽しいセフレが出来ました。

最高だった出会い系の体験談をお話します。

ワクワクメールならひと月に数人の女性と出会うことは余裕

利用した出会い系サイトは「ワクワクメール」です。

彼女はそこで、私と同じように異性を漁っていました。

彼女は宮城県仙台市近郊に住む、ある飲食店のパート従業員のメグさん。

年齢は26歳で、控え目な茶髪のポニーテールに目が大きな可愛らしい女性です。

私はというと、仙台市在住、30代も後半に差し掛かってきたサラリーマン。独身で今は彼女もいません。

私が数多ある出会い系サイトで「ワクワクメール」を好んで利用しているにはわけがあります。

出会い系サイトの「ワクワクメール」は多くの会員数を抱えてます。

会員数が多いということは、それだけ出会えるチャンスがあり、尚且つ私が住んでいる地域にも会員が多数存在するため、ちょっとした時間にも会いやすいからですね。利用値段もリーズナブルで使い勝手がいいため、使いやすいです。

利用しだしてから1年ほどですが、今回会った女性を入れて、今まで7人の女性と出会うことができました。

もっと積極的に利用するのであれば、ひと月に数人とかは余裕で会えると思います。

アダルト掲示板でダイレクトにエッチ相手を探し、即マッチング

さて、今回メグさんと会うきっかけになったのは、私が掲示板に遊んでくれる女性を募集したことから始まります。

すごく身体が飢えていましてね、アダルト向けの掲示板を利用しました。単刀直入にエッチすることを前提で書き込みました。

まぁさすがにダイレクトな物言いで失敗したかなとは思ったのですが、30分も経たない内に3人の女性から連絡がありました。

ひょっとしたら1件も連絡がないかなとも思っていただけに、嬉しかったですね。さすがは出会い系サイトだと思いましたよ。

その3人の中で、写真とプロフィールを見て一番私好みだったのがメグさんでした。私はメグさんに即返信をして、今日これから会えないかを訪ねてみました。

「あ、いいですよー。今すぐは無理なんで2時間後くらいでどうですか?」

おお、返信がめちゃ早くてびっくりしましたね。

それからはサクサクと話が決まり、我々は仙台市近郊の大型ショッピングモールで会うことにしました。

下ネタにも食いついてくる楽しくて可愛い彼女と居酒屋で飲む

先に着いたので彼女を待っていると、辺りをキョロキョロしているそれっぽい女性を見つけました。

ポニーテールに白いダウンジャケット。タイトなスカートの下にすらりと伸びた脚。背は155センチほどで小柄で可愛らしい女性。

間違いなく彼女だと思った私は、緊張しつつ声をかけました。

「あ、どうも、はじめましてー!」

そんな快活な返事が返ってきました。うん、明るく尚且つ可愛かったので、私としては非常に嬉しかったですね。

たまに写真が詐欺の人がいるので、実際会ってみるまでは油断できないですからね。

「じゃ、とりあえず飲みに行きますか」

彼女も私の実際の容姿や性格を瞬時に読み取ったようで、彼女の笑顔を見る限りでは、彼女から見て私は合格点のようでした。

ここでドタキャンとかされると割とショックを受けてたところですが、大丈夫のようで良かったです。

さて、お互い改めて自己紹介をしつつ、とりあえずは近くの居酒屋へ向かいました。

個室がちょうど空いていたので、迷わず個室を選択して中へ入って、二人の出会いを祝って乾杯しました。

彼女、飲ませてみるとなかなか面白い子でしてね。下ネタにもグイグイ食いついてきてくれて楽しい女性でした。

彼女と話すのが楽しくて、今後も飲み友達になってくれるのなら、このまま飲んで終わるのもいいかなと思ったほどです。

しかし初志貫徹ということで、タイミングをみて彼女をホテルに誘ってみました。

「うーん、来ちゃったのはいいけどどうしよっかなぁ。うーん、朝までに帰れるなら行ってもいいかな」

少し悩んだようですが、彼女はあっさり折れてホテルへ行くことになりました。

まぁアダルトな募集をかけてそれに乗ったから彼女もここにいるわけで、ここでお互い帰るつもりはなかったんですけどね。

二人とも駆け引きめいた茶番をちょっと演じて、それを楽しんでみた感じです。

即ホテルへ。ノリの良い彼女とセックスを楽しむ

そんなわけで早速居酒屋を出て近くのホテルへ。

「わぁいいところですねぇ!」

部屋へ着くなり上着を脱いだ彼女は、そのままベッドの上にダイブしてゴロゴロ転がってました。そんな姿が、なんかちょっと可愛かったです。

ちょうど彼女もベッドへ行ったことだし、私も服を脱ぎながらベッドで転がっている彼女を強引に捕まえてギュッとしました。

「あん、シャワー浴びよ?」

彼女を捕まえてギュッとした際の彼女の匂いと柔らかさを体感した私は、もう下半身がギュンギュンでした。

キスをしながらあっという間に彼女の服を脱がせていきました。

「あはははは、すごい手慣れてるー!」

あっという間にスッポンポンにしましたからね。

どうやら私の脱がせテクは匠の域のようで、あまりの手際の良さに大ウケされちゃいました。

ウケてる彼女の唇を奪って舌を絡めつつ、私は彼女の程よい形と弾力の乳房をモミモミしていきました。

揉んでる内に勃ってきた突起物を指でコリコリしつつ、舌を使って首や耳なども責めていきました。

「あん、下もやってぇ。もうぐっちょりしてる」

彼女は自分の股間を触って、すでに濡れていることを伝えてきました。

それじゃあ私も本腰入れて責めていきますかね。

グチュグチュと卑猥な音を立てさせながら、彼女の股間に指を出し入れ。

私も辛抱出来なくなり、彼女の奥深くへとゆっくり挿入していきました。

素晴らしいフィット感に、私と彼女の身体の相性は間違いなくいいなと思いつつ、私は彼女を突いていきました。

「いい!もっといっぱいお願い!」

彼女に乞われるままに私は腰の動きを更に早めて、思い切り彼女を堪能しました。

「はぁはぁ、気持ち良かったぁ。あはは、すごいね、まだ勃ってるよ」

イッた後もまだ衰えを見せない私の股間に、彼女はまたウケていました。なんというか、ノリが良くて彼女とのエッチは楽しいですね。

その後、もう1回エッチしてその日はホテルを出ることにしました。

セフレ化へ。ワクワクメール最高です

「良かったらまたあなたと会いたいな。良かったらというか、是非?」

どうやら私は彼女に気に入られたようでした。

彼女とのエッチは楽しく、私もまた会いたいと思っていたので、連絡先を交換させてもらいました。

楽しいセフレが出来たので、月に2,3回は彼女と遊びたいと思います。

ワクワクメール、最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です